逆子の灸

もし、あなたの赤ちゃんが逆子ですよと言われたらお灸で治療をしてみましょう。

メイ治療室での逆子が治った症例はこちらです。

症例1症例2症例3,逆子治療を諦めなかった例

 

妊娠週数が早いほど赤ちゃんは戻ります。

早期発見、早期治療が逆子ちゃんが戻るチャンスです。

 

37週の逆子ちゃんが治った例も多数ございます、あきらめないことが大切です。

 

治療の間隔が週に2回治療室にいらしてください。

 

治療期間中は

・ご家庭でご自分でお灸を続けていただきます。

・ご家庭で運動をしていただく場合がございます。ですが、いわゆる逆子体操ではございません。

 

なお、お灸はどなたでもご家庭で簡単にできるシールでできた、やさしい暖かさのお灸です。

ヤケドにはなりませんので、どうぞご安心ください。 

 

 

 

 

 

女性専門の鍼灸治療室 メイ治療室 03-3966-3828

 

逆子が治らないと、どうなるの?

逆子ちゃんが治りませんと、帝王切開になる病院がほとんでです。

 

そんな状況の昨今、逆子でも経膣分娩を行う病院もあります。それは子宮にいる赤ちゃんの体の向きによります。そのような妊婦さんの出産準備を鍼灸治療で応援したこともございます。こちらがその症例です。

 

この方のご出産は、初産&逆子のダブルハンデでしたが、お医者さんもびっくりの大安産で、喜んで頂きました!

私も鍼灸でお役に立てたことが、とっても嬉しかったのを覚えております。

 

 

帝王切開の後はどうなるのでしょう?

 

さて、出産後の体調不良や、母乳の出を良くするためにお見えになる患者さんで、帝王切開の方がお見えになることがございます。

 

お話を伺いますと、術後は傷が痛く、授乳が大変だったそうです。

また、傷が治ってからもしばらく痒かったり、服のチャックがあたると痛く、不快のようです。できれば帝王切開は避けたいですね。 

 

ぜひ鍼灸で逆子ちゃんに良いポジションに戻ってもらいましょう!