妊娠のための鍼灸治療

女性ホルモンが整うツボ、子宮の環境が整うツボを使います。実験によってエビデンスのあるツボを使うので、卵胞が育ち、内膜が育ちます。

 

さらに運動療法もお伝えしています。なぜなら運動をすると血流がよくなるのがその理由です。血液が細胞に栄養を運び、内膜や卵子を育むのです。また全てのホルモンは血液を介して細胞に運ばれます。ですからメイ治療室では運動を大切にしています。

 

運動で効果を出すためには「運動しやすい身体を作る」という基礎を築くことが大切です。例えば歩くときに、小さい歩幅と、大きい歩幅では、どちらが血流が良くなるでしょうか?答えは大きい歩幅ですね!このように、鍼灸で運動しやすい身体を作れば、日常の動作も大きくなるため、身体の気血の巡りが良くなります。妊娠、出産のための身体作りを鍼灸でお手伝いしています。